counter create hit nigabyakudo jokan - Download Free eBook
Hot Best Seller

nigabyakudo jokan

Availability: Ready to download

三河国主の居城からひとつの影が走りだし、歴史の闇に紛れるはずの事実があらわになった。その夜に誕生した松平家の嫡子竹千代には、抹殺されるはずの双子の弟松丸が存在したが、松平家存続のため「尾張売り」が企てられ、その結果として想定外の「駿河売り」を引き起こしてしまう。史実上の松平家嫡子は、今川家の人質として〝次郎三郎元康〟と名乗るが、おなじく駿府には、祖母源応尼と暮らす〝三郎五郎家元〟がおり、数奇な運命にもてあそばれる松平兄弟を見守り、ともに成長する本多弥八郎の眼をとおして物語は語られる。混乱する歴史史料との真っ向勝負から導き出された〝双子家康説〟の原点になった400字詰め2400枚超の戦国大長編小説上巻。 一章・暁闇 二章・山中八幡 三章・尾張売り 四章・宮の一族 五章・駿河売り 六章・源氏好み 七章・三河守 八章・鳥居屋敷 九章・猿面冠者  三河国主の居城からひとつの影が走りだし、歴史の闇に紛れるはずの事実があらわになった。その夜に誕生した松平家の嫡子竹千代には、抹殺されるはずの双子の弟松丸が存在したが、松平家存続のため「尾張売り」が企てられ、その結果として想定外の「駿河売り」を引き起こしてしまう。史実上の松平家嫡子は、今川家の人質として〝次郎三郎元康〟と名乗るが、おなじく駿府には、祖母源応尼と暮らす〝三郎五郎家元〟がおり、数奇な運命にもてあそばれる松平兄弟を見守り、ともに成長する本多弥八郎の眼をとおして物語は語られる。混乱する歴史史料との真っ向勝負から導き出された〝双子家康説〟の原点になった400字詰め2400枚超の戦国大長編小説上巻。 一章・暁闇 二章・山中八幡 三章・尾張売り 四章・宮の一族 五章・駿河売り 六章・源氏好み 七章・三河守 八章・鳥居屋敷 九章・猿面冠者 十章・駿遠少年党 十一章・山家三方衆 十二章・兵糧五千俵 十三章・遠物見 十四章・鳴海潟


Compare

三河国主の居城からひとつの影が走りだし、歴史の闇に紛れるはずの事実があらわになった。その夜に誕生した松平家の嫡子竹千代には、抹殺されるはずの双子の弟松丸が存在したが、松平家存続のため「尾張売り」が企てられ、その結果として想定外の「駿河売り」を引き起こしてしまう。史実上の松平家嫡子は、今川家の人質として〝次郎三郎元康〟と名乗るが、おなじく駿府には、祖母源応尼と暮らす〝三郎五郎家元〟がおり、数奇な運命にもてあそばれる松平兄弟を見守り、ともに成長する本多弥八郎の眼をとおして物語は語られる。混乱する歴史史料との真っ向勝負から導き出された〝双子家康説〟の原点になった400字詰め2400枚超の戦国大長編小説上巻。 一章・暁闇 二章・山中八幡 三章・尾張売り 四章・宮の一族 五章・駿河売り 六章・源氏好み 七章・三河守 八章・鳥居屋敷 九章・猿面冠者  三河国主の居城からひとつの影が走りだし、歴史の闇に紛れるはずの事実があらわになった。その夜に誕生した松平家の嫡子竹千代には、抹殺されるはずの双子の弟松丸が存在したが、松平家存続のため「尾張売り」が企てられ、その結果として想定外の「駿河売り」を引き起こしてしまう。史実上の松平家嫡子は、今川家の人質として〝次郎三郎元康〟と名乗るが、おなじく駿府には、祖母源応尼と暮らす〝三郎五郎家元〟がおり、数奇な運命にもてあそばれる松平兄弟を見守り、ともに成長する本多弥八郎の眼をとおして物語は語られる。混乱する歴史史料との真っ向勝負から導き出された〝双子家康説〟の原点になった400字詰め2400枚超の戦国大長編小説上巻。 一章・暁闇 二章・山中八幡 三章・尾張売り 四章・宮の一族 五章・駿河売り 六章・源氏好み 七章・三河守 八章・鳥居屋敷 九章・猿面冠者 十章・駿遠少年党 十一章・山家三方衆 十二章・兵糧五千俵 十三章・遠物見 十四章・鳴海潟

0 review for nigabyakudo jokan

Add a review

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Loading...
We use cookies to give you the best online experience. By using our website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.