医師はなぜ転職するのか?

PAK75_karutemitenayamu20141025131412_TP_V

医師の転職についてご存知ない方は多いかと思います。近年TVドラマや映画のヒットの影響から医療業界そのものへの関心が高まってきていますが、そんな中でも特に医師の転職についてピックアップし、迫っていきたいと思います。

医師が転職する際に一番の理由に挙げられるものは何だと思いますか? ドラマでよくあるような人間関係や病院との軋轢等もありますが、現実としては「収入」が大きな理由です。医局勤務医と一般病院勤務医、あるいは勤務医と開業医では収入に大きな差があります。医局医と一般医では平均年収でいうと800万円・1500万円と、倍ほど違いが生じます。一般的には病院の組織が大きくなればなるほど収入は低くなり、また私立大工の医局の方が国立大学よりも高くなります。医局を経験した医師はどこの医療機関でもニーズがあるため、将来の転職や開業を見据えても最初は医局に入ることが良いとされています。医師が医局を離れた後の勤務先での平均年収は大体1500万円程に到達します。加えて、「当直なし」「長時間勤務なし」といった待遇がついてくることがあり、このような条件を事前に知っている医師は一般病院を選択する人が多いです。

医師が転職する際に重要なのはこの収入というのも確かにそうですが、医師本人が「どのような医師になりたいか?」も重要になってきます。まず医師が転職を考える際には自分の医師ライフのビジョンを立てた上で、それに見合うプランを実践できる職場があるかどうかを考える必要があります。キャリア通りに歩みつつ高い収入を得ることが理想ですが、1人で転職活動をしようと考えた際にはそういった諸々の事情を踏まえて探すのはなかなか大変なことです。今までは医療雑誌への掲載や、コネクションによる転職が一般的ではありましたが、近年では医師転職サイトを利用する医師の数も増えてきており、スポット案件も探せるという便利さから何かと注目度が上がっています。医師転職サイトは医師転職のコンサルタントがおり、医師が希望する条件に見合う案件を探してきてくれます。また求人にない医療機関でも「このような医師がいますよ」といった紹介から受け入れ枠を作る交渉までしてきてくれます。普段の業務と平行して転職活動をしなくてはならない医師としてはこのコンサルタントの存在は心強いと言えるでしょう。特にノウハウがないような状態でも、まずは医師転職サイトのコンサルタントに相談してから、自分でプランを考えてみるのも良いでしょう。まだまだ伸びる余地のある医師転職サイトは今後も注目度が高まっていくでしょう。

医師転職サイトを見てみよう